日本共産党大分県委員会がサイト公開:14日から

このblogで西日本17県の日本共産党県委員会のサイトを紹介したとき、サイト未設置だった大分県委員会…。

久しぶりにチェックしましたら、サイト公開になっていました。更新、がんばってくださいね。

日本共産党大分県委員会
日本共産党大分県委員会

岡山:垣内京美(かきうち・きょうみ)のブログ

参議院岡山選挙区予定候補・かきうち京美さんの26日付ブログに公開討論会のことが掲載されていました。

公開討論会

今日は日本JC岡山ブロック協議会主催の「参院選マニフェスト型公開討論会」が、岡山市民会館で開催されました。こうした公開討論会は最近は選挙ごとに開催されています。もちろん私は初めての参加です。

今回の参議院岡山選挙区に立候補を予定している5人全員が参加しての討論会となりました。それぞれが、憲法問題、経済問題、原発問題、社会保障制度などでそれぞれの政策と主張を発言しました。

憲法問題は、○×で答える方式でしたが、憲法改正しない、9条も96条も変えないと答えたのは私一人でした。

経済政策でもアベノミクスをきちんと批判したのは私だけ。自共対決がはっきりしました。

国会は今日で閉会。事実上の選挙戦が始まっています。何としても勝ち抜くためにがんばります。

 


「消費税を増税しなくとも済む 政策を一般公開して」とメッセージを頂戴

本日午後、次のようなメッセージを受信しました。

件名: 消費税について

来年4月よりの消費税増税について 多くの政党が反対表明をしていますがただ1つ 共産党だけが「増税しなくとも 他に財源がある」と主張しています
(略)
消費税を増税しなくとも済む 政策を一般公開して教えて下さい

コメントではなく、メッセージ送信でした。お名前を仮にAさんとさせていただきます。

Aさん、メッセージ受け取りました。ありがとうございます。ネット応援隊は、日本共産党の見解を代弁する立場にないことをご理解ください。その上で、次のようにお返事申し上げます。

日本共産党の「他に財源がある」は、次のような政策がご理解の参考になるかと思います。いずれも、日本共産党サイトに掲載されています。

消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言

Aさん、お近くの日本共産党事務所に電話などでお尋ねになってみるのも良いかもしれません。お住まいの地域がわかりませんので、日本共産党中央委員会に掲載されている各地の日本共産党事務所の電話番号などがわかるURLを記載します。

応援隊0号がメッセージを拝見して、日本共産党中央委員会サイト内の関係資料をさがしてみましたら、次のものが、お尋ねにおこたえする日本共産党の立場かな、と思いました。昨年12月の総選挙政策の関係部分です。

Aさん、ご参考になりますでしょうか。

また、7月の参議院選挙政策の「五つの大争点」では、つぎのように「消費税」「財源」のことを政策として発表しています。

消費税増税を中止し、財源は「別の道」で確保します

日本共産党は、昨年2月に発表した経済提言―「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」で、消費税に頼らない「別の道」で、社会保障の財源を確保し、財政危機を打開する提案をしています。

――暮らしも、経済も破壊する消費税大増税の実施を中止します。

――税制のあり方を、所得や資産に応じて負担するという「応能負担の原則」に立って改革します。富裕層の所得の多くを占める株式の譲渡所得などの税率が低いために、「所得が1億円を超える層は逆に税金の負担が軽くなっている」という逆転現象が起きています。法人税の実質負担率は、中小企業が26%なのに、大企業は18%にすぎません。研究開発減税、連結納税制度など、大企業に特別に有利な減税制度があるためです。この不公平な税制の改革こそ、最優先の課題です。

――賃上げをはじめ、国民の所得を増やす政策で「デフレ不況」を打開し、日本経済を健全な成長の軌道にのせれば、税収も増加します。この経済改革を税制改革と相乗的にすすめていきます。

――大型開発や軍事費、原発推進予算、政党助成金など、歳出の浪費にメスを入れることも当然です。

Aさん、メッセージありがとうございました。今後ともどうぞよろしくおねがいします。


鳥取県:岩永なおゆき 駆けある記

境港市でつどい

6月23日、日曜日、境港市上道(あがりみち)会館で
地元支部の主催で「岩永なおゆきと語る会」が開かれました。

ここで、話した動画です。

よければ見てみてください。
となりの女性は来年1月にたたかわれる

境港市議選でがんばる安田ともこさんです。