ネット活用の有用性とは、有権者か、それとも候補者か?

都議選:ネット積極活用、得票に直結しなかった- 毎日jp(毎日新聞)

都議選:ITか「どぶ板」か…候補者に温度差- 毎日jp(毎日新聞)

選挙期間中のネット利用は、7月4日の参議院選公示からだが、ネットの活用に関して否定的な意見も出ている。やっぱり、「どぶ板」だ、と。

やっぱりね、二者択一的な思考に陥るんですね。ネットか、「どぶ板」か。ネットか、紙か。

とにかく、ネットにしろ、「どぶ板」にしろ、ビラ・チラシにしろ、手段でしかない。選挙を戦うためのツールであり、コミニュケーションを得るためのメディアなのだ。また、有権者が必ずしもネットから情報を得るとは思えないし、それも世代によっても違うだろうし。ネットをやっているから有利だなんて、考えられない。今回、ネット選挙解禁に対して「誤解と偏見」も生じている。

だからネットは、たいして意味が無い、と考える人もたくさんいるだろう。現状をみてみると、その認識の差が、取り組みの格差やWEBサイトの作りにも現れている。当然のこと、WEBに精通していると考えれれる人にも、メディア・リテラシーやスキルには差がある。多元的、多角的な可能性があるのが、WEBであり、ネットの世界だ、ということ。

ビッグデータの解析による世論誘導も可能になる。ネガティブキャンペーンもポジティブキャンペーンも行える可能性だってある。

だからどうすべきか、これもこれからの課題だろう。心すべきは、自らの発言をブログなりホームページで書き、情報をストックすること。そして、SNSなどの短文投稿サイトから誘導すること、肝心なストック情報がブログなりホームページにない状態はもってのほか、と考える。

ネットの活用は、有権者サイドと候補者サイドでは、その有用性は違うということだ。有権者が求める情報が候補者サイトに無ければ、見向きもされないだろう。


自民党ネットメディア局長が・・・・・

東京新聞:自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」:政治(TOKYO Web)

自民党ネットメディア局長が、ニコ動の書き込みに対し、「申し訳なかったが、(国会の)やじみたいなものだ。画面には流れていなかったはずだ」との認識。

なんだか恐怖感を覚える。

自民党を取り巻く業者は知っているだろうけど、自民党の責任者がこれでは。・・・・・・うーん、怖い!!!

これ何だったの?
自民党 平井たくや衆議院議員
「ソーシャルリスニング – 知ってもらうことよりも、みなさんの声を聞くこと」
全10政党が語った”ネット選挙”への戦略と想い! 全文書き起こし:part1 | logmi [ログミー]

どうなんでしょう。メディア・リテラシー、疑問です。
公式ブログが、GREE。
オフィシャルブログが、ameba。
で、ホームページ?が、WordPress 2.9.2。

なんだか訳が判りません。これが政治家の言うネット選挙の現実、ですか。・・・・


2013.06.28 サイトオープンしました!日本共産党カクサン部

チョットびっくり、カクサン部。。。拡散、カクサン。
日本共産党 カクサン部

国民の願いの「受け皿」、日本共産党です。

6月25日(火) 共産党という立派な「受け皿」があったじゃないか:五十嵐仁の転成仁語:So-netブログ

» 脱原発「あなたの選択」プロジェクト2013 首都圏反原発連合


ホットリンク: 「ネット選挙」への有権者の関心は・・? ~マクロミル、Consumer first、ホットリンク3社共同調査~

6月27日、ホットリンクなどが調査した ” 「ネット選挙」への有権者の関心は・・? ~マクロミル、Consumer first、ホットリンク3社共同調査~“が掲載されていました。

7月の参議院選挙期間中にもっとも注目されるだろうメディアは、「政党・政治家・候補者のホームページ・ブログ」で32.8%、「ニューストピックス・ニュースサイトの記事・コラム」26.8%などの順になっています。

 「ネット選挙」への有権者の関心は・・? ~マクロミル、Consumer first、ホットリンク3社共同調査~
「ネット選挙」への有権者の関心は・・? ~マクロミル、Consumer first、ホットリンク3社共同調査~

logmi:日本共産党 井上哲士参議院議員 「ニコ動、ツイッター、フェイスブックなど、すでに毎日更新しています」

logmiは、「全10政党が語った”ネット選挙”への戦略と想い! 全文書き起こし」を掲載しています。そのパート3で「日本共産党 井上哲士参議院議員 「ニコ動、ツイッター、フェイスブックなど、すでに毎日更新しています」ということで井上参議院議員が登場しています。

リンク先のページの先頭は福島・社民党首でその下の方に井上参議院議員のインタビューが表示されます。一部抜粋して紹介します。

(略)

松嶋:どんなこと書かれてたり?

井上:十年くらいになりますけど、ほぼ欠かさず毎日ブログは書き続けてますから、その日あったことをその日のうちに、短い時は出来事だけ、なにかあったら感想もしっかり書いてますから、自分でも去年の今頃どんなことしてたかなと思って読み直すと、こんなことがあってあんなことを思ったんだなってことを凄く思うんですよね。色んな人に、地方に行って会うと、自分もその場にいて一緒に体験しているような、そういう風に思えると言ってもらえてますので、是非一度お尋ね頂きたいと思います。

松嶋:ツイッターとかフェイスブックもいいですけど、やっぱり公式のブログがあるとさかのぼるのが凄くスムーズじゃないですか。そうすると、過去にこの方はどういったことをしていたのかというところも見えて、十年も続けてらっしゃるということですから、暇な時にさかのぼっちゃう人もきっといると思うんですよね。

井上:ですから、過去やった質問とか、こんな実績がありますとかいうのを全部見てもらえるようになってるし、結構自分でも忘れてしまっていることもあるんですね。こんなことそういえばやったなとか、こういう人にこういう時にお会いしたなとか、自分にとっても宝物みたいな。昔、日記なんて三日坊主だったんだけど、これ続けると、発信と同時に自分の財産になりますね。

松嶋:ちなみに、自分で記事をさかのぼった時に、「やべぇ、俺こんなこと言ってた」みたいなことあったりします? 今と違うこと言っちゃってるかも、みたいな。

井上:それはないですけどねぇ…。

松嶋:ブレずに来てますか?

井上:ブレずにね(笑)。

松嶋:そこ重要な所ですからね!

(略)

引用元:全10政党が語った”ネット選挙”への戦略と想い! 全文書き起こし:part3 (ページが表示されたら下の方へ移動してください)

http://logmi.jp/1171

注目したいのは「ブログがあるとさかのぼるのが凄くスムーズ」「発信と同時に自分の財産」などのところで、ブログがもつ特性「検索にヒットしやすい」「ストック系」などが浮かび上がってきますね。


BS181・プライムニュース:『インターネット解禁で参院選はどう変わる 投票行動と政党の戦略』

BS181、6月24日「プライムニュース」で「インターネット解禁で参院選はどう変わる 投票行動と政党の戦略」を放送しました。

この記事をUPした現在、ハイライトビデオをネット上で閲覧できます。

平井卓也・自由民主党IT戦略特命委員長・ネットメディア局長は、時間もかけて練り上げてきた自民党のネット戦略の一端を自信をもって語っているようにみえました。

http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html


自民党:インターネット利活用推進議連

自民党は、ネット活用熱心です。ネット上の関連情報をちょっと集めてみました。動画はなかなか見ごたえあります。

2013.4.18_自民党インターネット利活用推進議連

↑この回は、マイクロソフトから講師を招いて早朝に勉強会…。参議院選挙だけでなく衆議院選挙も見越して…取組中…。マイクロソフト担当者の話はなかなか参考になります。twitterに注目…「ネガティブな情報を最小化し、ポジティブな情報を最大化・拡散」という作業をやっておられるそうです。

スピードが大切で「ソーシャルリスニング」「ビッグデータ」というキーワードが浮かんできます。

自民党インターネット利活用推進議連のfacebookもあるようです。

  • 自民党インターネット利活用推進議連facebook …今回の講師は、LINEです。ブロゴス、ラインの効果的な使い方を学びました。各世代が、幅広く利用するラインを使いこなすことが、課題です。「本来、LINEは、SNSではない」という発言には、正直、驚きました。

続きを読む 自民党:インターネット利活用推進議連


北海道:振り返れば、いつも「国民の立場」は日本共産党

はたやま和也さんのサイトに「振り返れば、いつも「国民の立場」は日本共産党」が掲載されていました。紹介します。

はたろぐ → 振り返れば、いつも「国民の立場」は日本共産党 2013年6月27日木曜日

森つねと予定候補のDVDをつくり、選挙応援弁士の方と打ち合わせ‥‥忙しい、忙しい。いよいよ参院選公示までも、1週間となりました。

冷静に考えないといけないのは、選挙のために忙しいのではなく、政治を変えるために忙しいということ。(略)
民主党の末路は、あらためて言うまでもないとおり。

「第三極」にしても、自民党と同じレールであることもハッキリしてきました。

そう考えると、いつの時でも「国民の立場」で、ぶれないできたのは日本共産党だけなんだよな、と自分でも思いました。(略)

引用元全文


東京:【13.06.27】通常国会ラスト3日間の波乱万丈

田村参議院議員サイトに、最終盤国会のドラマチックな様子が掲載されていました。

田村参議院議員 日々の思い → 生活保護制度の改悪法案が廃案になるまでの記録 【13.06.27】通常国会ラスト3日間の波乱万丈

昨日、通常国会が終わりました。
それまでの数日間は、次に何が起きるかわからない、波乱万丈の連続でした。(略)

24日月曜日、朝、国会の空模様は大きく変わっていきました。
なんと安倍総理はじめ政府側が一人も予算委員会に出席していない。
国会史上例のない、前代未聞の事態が起きていたのです。(略)

憲法63条「内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するために議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない」
――憲法を無視し、蹂躙しての委員会ボイコットだったのです。(略)

開会予定のままになっている厚生労働委員会が、開かれるのか否か。
待っていたアナウンスが流れたのは、午後2時前でした。
「本日の厚生労働委員会発信源都合により取りやめになりました」
これで、廃案確定! 参議院の議員団控室に拍手が響きました。

3党合意のなかですすめられてきた、生活保護法の改悪。
しかし、最後の最後に民主党が法案成立に協力できなかった。
これは、与党に立ち向かわなくてよいのかという世論の力だという確信。
参議院選挙後、同じ法案を提出させない世論と運動を広げよう。
――集会でみなぎった決意を、参議院選挙につなげよう!

引用元全文


28日:ニコ生、党首討論会

ニコニコ動画が6月28日(金)19時30分よりニコファーレ(東京・六本木)で党首討論会を開催するようです。以下、「ニコ生」からの案内です。

7月4日(木)に公示(21日投開票)予定となる参議院議員選挙に先駆けて、参院選では初となるネット党首討論会。
昨年11月に開催したネット初の衆議院議員総選挙の党首討論会に続き、6月28日(金)19時30分よりニコファーレ(東京・六本木)で開催。
討論会の模様をニコニコ生放送で生中継いたします。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925?pushmail

この討論会では「経済政策について」、「外交について」、「各党首に聞きたい事、言いたい事」をユーザーのみなさまから募集し、登壇者に質問を投げかけます。

■ネット党首討論会 開催概要
【日時】2013年6月28日(金)19時30分~21時00分予定
【司会】角谷浩一(コネクター)
【登壇者】
自由民主党:安倍晋三 総裁
民主党:海江田万里 代表
日本維新の会:橋下徹 代表
公明党:山口那津男 代表
みんなの党:渡辺喜美 代表
生活の党:小沢一郎 代表
日本共産党:志位和夫 委員長
社会民主党:福島みずほ 党首
みどりの風:谷岡郁子 代表
(※国会の議席数順)

http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925?pushmail

■ネット選挙 参院選2013特設サイト
http://ex.nicovideo.jp/saninsen2013?pushmail