インターネットの巨大な可能性の中で、ネットメデアのスキルとリテラシーはどこのあるのか

偏見的な見方かもしれない。いや、明らかに偏見的だろう。
サイトを見る時、どのようなWEBツールが使われているのかが気になる。主流はCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)だろうと思う。しかし、未だにWebオーサリングツールを使用したサイトも多い。ある意味、誤解の流布かもしれないが、Webオーサリングツールで作ったサイトこそが「ホームページ」だと言って憚らない。だから、ブログ形式は「ホームページ」ではない、あれは日記だとおっしゃる。まあ、それほどムキになることもないのだが。固定観念の強さには、恐れ入ってしまう。自分たちの知見こそが、正論だと思い込んでいる。

ネット選挙解禁の流れの中で、組織の問題点や、運動のあり方、対話や聞く力、語る力の問題が露呈しかかっている。2005年の郵政選挙の時、自民党はB層をターゲットにする戦略を選択した。あるコンサルタントが分析した資料を元にした、と言われている。そして、その資料はネットの中に伝搬した。今回も、多額の政党助成金を得た政党はビッグデータの分析に乗り出していることだろう。

参考※郵政民営化・合意形成シュミレーション戦略(案)2004年12月15日
ネット上には過去のこうした情報もあるんですね。もちろん、古い情報は削除せよという人たちもいますが。。。。orz

ビッグデータ、クラウド、なにそれ?と。今回はスルー。
ネットメディアに対するスキルとリテラシーは、今回のSNS活用の流れを見ていると端緒に付いたばかり、これからの取組みの捉え方、戦略的な意思決定に掛かってくる、と思いました。「間に合うのか」と言う人もおいでますが、当然焦った所で、どうしようもないという現状でしょう。数の追求に躍起になって中身が無い。「つながり」を作っても語る中身が無い、という手段と目的を取り違えているのでは、と思います。


SNSの活用とは、情報発信か、それとも「新たな結びつき」か?

「おはようございます。 今朝は、xxxxxで朝宣です!これはxxxさんのFBの朝の挨拶ですが、全候補者が朝の挨拶はツイッターかFBにしてほしい。ブログは何か月も前から更新されていず案内もない、候補活動が見えない現状はポスターもない、ビラも配られないという状況だとおもうのだが」

これは、Facebookである方が、あるグループの中で書き込まれていた記事ですが、私も同感です。現在の状況を厳しく指摘したものです。twitterやFBでの「おはようございます。」「どこそこで街頭をしました。」は、良いんです。それも近しい人には励ましとなるでしょう。親近感も感じます。でも、でも・・・

「SNSの活用」という提起は、どう理解すべきなんでしょう。なぜ、「新たな結びつき」を求めるのでしょう。党への支持は、減っています。高齢者の支持層の自然減。若者の政治離れ、政治に対する無力感。・・・・

「共産党らしい活動」をどう伝えるか。SNSはそれを伝え、理解と納得を得、支持を獲得するためのコミニュケーション・ツールではないだろうか。では、そのために、どういう情報を、どう伝えるのか。どう表現するのか。まずは、ブログやホームページに、そのための情報を載せてほしい。【PUT】してほしい。あなたの思いや、伝えたいこと、知って欲しいことを書いて欲しい。国の政治や社会のこと、地域の政治や町内の問題、あなたの思いを、あなたの考えを、あなたの言葉で、語って欲しい。

そこから、始まるのではないだろうか。

そう、ある人がブログに「桜が嫌いな人もいるんだ」驚いた、と書いていた。あなたの正義が、必ずしも他の人の正義ではないこと。しかし、寛容と思いやりを持った合意と納得を得る議論を交わさない限り、独断と強制の社会が「声高にやって来る」のではないだろうか。

革新が「保守化」してしまっては、悲劇だ。


「ネット選挙」狂騒曲・・・・ネットで政治を語れ

『なんか見立てが違う』、と感じる自分がいる。

参議院選まで、時間はない。ビッグデータの活用、クラウドの活用、プッシュ・プル・プットの活動。政党助成金は、あっちの方向からこっちの方向に向かっているのだろう。もちろん、あっちの方向も黙ってはいない。「ネット選挙」を巡る民間企業の戦いは、新たな利権の構造を産みだすだろう。なんせビッグデータとクラウドが絡んでいるから、そして、有権者、国民。・・・

情報リテラシーとネットリテラシー。SNSの活用が、大いにビッグデータを生み出している。IT業者によってはビッグデータの解析競争が新たな市場を産みだす、契機となる予感がする。そして、政治の活用。今回の「ネット選挙」の狂騒状態は、「ネットで政治を動かす」方向に向かうだろうか。

政治を語らずして、政治が動くのか。プッシュもプルも必要だろう、しかしプットする情報がなければ、政治的な共感は生み出さない。フローな情報だけでは、伝わらない。政治を語るべき立場の人達が、ストック情報をプットするべきだろう。そして、フォロワーが拡散するという戦略。プットされたストック情報のシェア、リンクが拡散すれば、自ら語る自信のない者も、その人となりは判断される。

また、同じ党派同士が繋がることを否定的に見る見解もある。しかし、否定することはない。なぜなら、それが大きな姿になれば、実像としての政治勢力が露出するからだ。ただ、ウチ向けの情報に偏ることは避けて欲しい。あくまでネットでは、プッシュ・プル・プットという力が働いているから、魅力ある情報を発信しない限り、見向きもされないからだ。自らが疑問に思うこと、知って欲しいことを自らの言葉で語り、そしてプットされた有用なストック情報をシェアする、リンクするだけでも良いと思う。

あえてフォロワー数の多寡を競うなかれ、と。「群衆の中の孤独」な営みを積み重ねたい。


「日本共産党のインターネット活用への提言」というサイトを見つけました

どなたが作られたサイトなのでしょう。

日本共産党のインターネット活用への提言 –
更新履歴
2007-02-04
トップページ
2007-01-31

提言の構想はあったのでしょうね。中身を知りたいものですが、残念ながら、何も記されていません。2007年ですから、まだSNSが始まった頃ですか?mixiはあったように思います。先駆者といってもいいのでしょう。

2007年といえば、前衛2006年10月号に田村一志氏の論文「激変するインターネット世界、来年の二大選挙にむけ積極的活用を」そして前衛2008年8月号に同じ田村氏の「インターネットの巨大な可能性をどう生かすか」が掲載された時期でもありました。そう、共産党の中でも早くからインターネット活用の戦略的な価値を指摘していた人達もいたことだと思います。

方向性としては間違っていなかった、と言えるのですが・・・・いまどんな思いでいるのでしょう。

あの当時、いや今でもネットの動向に精通した人達を、特別な目で見る風潮は続いています。残念なことに・・・


WP:HTMLをそのまま表示してくれるプラグイン

時として、ソースをそのまま表示してくれたら、リンクなどコピペで済むのに…などと思ったことあります?

この下の行がそうです。コピペしたらHTMLソースが完結するです。

<a href="http://www.jcp.or.jp/">日本共産党中央委員会</a>

「こんなこと実現してくれるプラグインないかな~」と探すとたいがい見つかるです。

今回、お世話になったのは WP-syntax というプラグインで、さらにそれに追加するプラグインもありそうです。使用方法は結構簡単で、<pre lang=”HTML”>ここにソース</pre> というような書き方でOK。対応する言語などは、自力で探してね…。

まったく一部の人に鹿(はて?)用の無いことですけど、実はけっこう需要があったりして…でもWordpressだけのことだけどね。


6中総、7中総のインターネットの活用とは、何を意味しているのか

6中総でも、7中総でも、重ねてインターネットの活用が方針として述べられている。

党員、支持者が新たな結びつきを求めて、SNSの理解と活用に挑戦している。各地の組織でも、SNS活用講習会も行われている。ネットに精通した党員を講師として実施されているようだ。

ただ、新たな問題点も見受けられる。今回の方針は、ネット選挙解禁を受けての内容ではあるものの、SNSの活用と新たな結びつきを求める活動とネット選挙は、全て別の問題であり、かつすべてがトータルな戦略的な取り組みでなければならない、ということ。しかし、・・・・

ある人は、自身はほとんどつぶやかず、せっせとフォロワー増やしに躍起になっている。選挙になってからつぶやき始めるのだろうか。

確かに、共産党中央委員会のサイトには様々な政策や政治の問題点の解説は掲載されてはいる。だから、中央委員会のサイトへのリンクを張り、導くことも、ありだろう。しかし、自ら語らずして、党のサイトで読んで欲しい、知って欲しいでは、あなたのフォロワーはどう思うだろうか。

マイ名簿やヘラブナ釣りの教訓、「従来型活動」とは異なった活用と可能性が広がっている、と考えているのだが。もちろん、7中総では、条件のあるすべての同志が、・・・SNS・・・ホームページやプログに挑戦しましょう、と述べ、かつ都道府県委員会に、SNSに精通している機関や支部の同志、地方議員などによる「ネット活動推進チーム」を置き、集団的に促進する体制をとることを訴えている。

メディアリテラシー、ネットリテラシーが問われているのではないだろうか。


ネット活用研究◆情報、コンテンツについて

「新たな結びつきに挑戦」ということで、SNS活用全国交流会や「ネット担当者会議」が行われています。

中には、辛口の的を得た記事もネット上にあります。
山本一郎氏「ネット選挙解禁で選挙は従来以上の名簿勝負に」 (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース
まあ、業者がターゲットにしている他党の話は別として、ネット選挙=SNSの活用ということに、違和感を感じていました。

山本氏の指摘によれば

それはネット選挙が解禁されても同じどころか、よりその傾向は強まるだろう。よほどの人気政治家でない限り、ただHPやブログ、ツイッターやフェイスブックを更新するだけで「支持政党のない」「浮動」層から注目され、それが支持=票につながるわけではない。

そうだと思います。どれだけ友達やフォロワーを増やしても、支持=票につながる訳ではないでしょう。

ある程度名を知られた、それが地方であれ、全国的にであれ、政治家であるなら、友達もフォロワーも一定数までは増えます。しかし、です。

その政治家なり、候補者の記事が注目されるかどうかは、別の問題です。ましてや「浮動層」の若者を突き動かすなどは難しい。

だから、

 むしろネット選挙は、もともと充実した支持者名簿を持ち、組織選挙を得意とする政党、政治家に有利に働く。たとえば、何らかの業界団体を代表して比例代表で出馬する政治家、“ドブ板選挙”で固い支持基盤を持つ政治家などだ。

 そうした政治家がメール、ツイッター、フェイスブックなどを使うと、従来のように電話を使うよりも容易に、安価に、効率的に支持者に投票行動を促すことができる。自民党が積極的にネット選挙解禁に賛成してきたのは、組織選挙を得意としており、ネット選挙の解禁が有利に働くことを自覚しているからである。

と、旧来型選挙戦術の補完戦術としての評価しかできない、と言っている。

本来的に言えば、ネット選挙云々よりも、日常的な段階で、ネット上に自らの意見や情報をどれだけ露出しているか、注目される内容になっているかが、一番の問題でしょう。議員の近況報告も、支持者から見れば親近感につながるかもしれません。しかし、フローな情報にしろ、ストックな情報にしろ、他人から見て興味を感じるような「問題設定能力」に関わる記事が求められるのではないだろうか。しかし、これは諸刃の剣に成り兼ねないものも孕んでいる。下手な発言をすると、「炎上」もあり得る。

情報、コンテンツには「その人となり」が出る。「文は、人なり」という。


ネット活用研究◆その2:フローとストック—続

ツールとしてのフローとストック

フロー型のツールとしてのSNSをどう使うか。twitterもFacebookもLINEもアカウントを取っているが、あれもこれもと記事が書けない、という人がいます。もちろん、それぞれに記事をしたためていたら、時間が大変です。他のことが何もできなくなります。それに、SNSで他の人の記事を読む時間もなくなります。

では、どうするか。記事を書くのはどれか一つにする。記事は書かずに、読む人に徹する。別にアカウントを取って、ユーザーになったからといって、何かをしなければならないという義務はありません。読むだけでも良いんです。読む中で、自分と同じ思いだという記事があれば、『シェア』すればいいんです。『リツィート』すればいいんです。誰かに知って欲しいという思いで、押せばいいのです。それも簡単な情報発信なんです。なかには、『シェア』や『リツィート』を非難、批判する人もいます。でも、問題ありませんよ。情報を拡散するという行為に加担しているわけですから、しかし、責任は感じてください。あなたが『シェア』や『リツィート』した情報が、すべて正しいとは限りません。間違っていた場合は、正直に謝ることです。居直ってはいけません。

フロー型の情報には、こうしたことが起こりやすいとも言えます。時間が経たないと、真実が見えてこないこともあります。そこは知恵と経験で判断するしかない。また、フロー型の情報は注目されるのが難しい、とも言えます。橋下氏のように、きつい表現を使ったり、ターゲットを絞って口撃することもあるでしょう。しかし、共産党としては、そのような表現や、やり方は取れません。

140文字で、如何に注目される表現をするか。日本は、短歌や俳句、川柳といった短文型文学が発達した国ですから、希望は持てます。ぜひ、140文字のキャッチコピーの達人になって欲しいものです。

ストック型のツールは、今時ブログだと思います。ブログは日記だ、メモ帳だという人がいます。確かに、そういう活用もできます。しかし、ブログには、時系列のアーカイブ(月毎の記事の塊)やカテゴリ分けといった仕掛けもあります。また、文字数の制限もありません。動画や画像を記事の中に貼る付けたりもできます。PDFの文書やワード・エクセルといった、文書ドキュメントを開けるようにすることもできます。(もちろん、無料ブログではできるものもありますが、出来ない場合が多いですね)

ブログには、サーバーをレンタルして、CMS(コンテンツ・マネージネント・システム)ツールで自前のブログを作ることがお勧めです。経費にすれば、年間5,000円程度ですし、ドメインのリース料も年間1,800円程度です。サーバーの設定は、知識ある支持者などに依頼すれば良いと思います。ツールによってはメンテナンスの簡単なものを選べば自分でもできますし、知識のある党員や支持者に依存すれば良いでしょう。ネット上で、遠方の支援者を活用することだって出来ます。まあ、そういう支援体制を考慮する必要も生じていると言えます。

一番は、フロー型であれ、ストック型であれ、発信する情報、コンテンツの問題だと思います。<続く>

★ブログ – Wikipedia
★コンテンツマネージメントシステム – Wikipedia


電算室はどこへいったか?

昔々「電算室」という部署がありました。何をしていたんでしょう。

電算室について語る

こんな記事サイトもあります。医療関係の電算室のようです。2000年頃の話です。
こちら医事課電算室

インターネットの巨大な可能性の中では、「電算室」の立場が明らかに違ったものになっているのではないでしょうか。企業戦略を考える中で、電算室の重要性が明確に増している、という現状があります。今回のネット選挙解禁によって、各政党の中でも「電算室」のあり方が問題化するのではないでしょうか。もちろん、現在では「電算室」とは言っていないかもしれませんが。

上記の記事の中にもありますが、昔々は「電算室」の人員は、「パソコンに詳しい人」と考えられていました。また、電算室のない中小企業では、電算を担当する人は、「パソコンに詳しい」社員ということでした。ただ、変な誤解があって、パソコンに詳しい人がマニアであったり、やたらハードを要求したり、逆に自分の仕事の他にパソコンの管理や教習役まで押し付けられたりということもありました。この点に関しては、今でも変わっていないのかもしれません。経営者や政党トップの意識が変わらない以上、時代の要請に答えられない企業であったり、政党であったりします。

ネット世界の可能性を企業や政党の戦略の中でどう位置づけるか、現在の時代の流れをどう読み取るか、将来への展望をどう開くか、企業や政党、組織の力量が問われるのではないでしょうか。


ネット活用研究◆その2:フローとストック

インターネットの世界も、ITの世界も、端末の世界も日々進化している。ユーザーといわれる立場の人間が、その進化に追いつかない。また、世界規模で考えるなら、その恩恵に浴せない国の人々も多数いる。かなり不公平な現実かもしれない。マスメディアといわれるテレビや新聞は、中立的な、公平な報道をいうが本当にそうだろうか?3.11以後、国民は不信感を感じているのではないだろうか。『アラブの春』と言われた変化も、インターネットやアルジャジーラの報道が重要なツールだったと言われた。しかし、中東地域では国によってネット環境もマスメディアもかなり状況が違うらしい。日本で日常経験しているネットやマスメディアの状況とは全く違う現実があるらしい。

政府側、政権側に立ったもの、反政府的、政権批判の立場にたったもの、『情報』を選択し、理解の、判断の基準にする。マスメディアからであれ、ネットからであれ、信用するか、しないかは、個人の自由だ。『情報』の量は膨大なものになっている。しかし、各人が判断するための根拠とする『情報』は、その一部でしかない。

今回のネット選挙活動解禁の中で、「情報」に対する問題も気になる。本物か、偽物か、正しいか、間違っているか、どの情報を理解し、判断するか、悩ましいことになりそうだ。発信者と受信者、そして情報のコンテンツ。興味を持たれない情報は、ネットの闇に消えていく。しかし、削除しない限り情報はネットの闇に存在する。

役に立つか、役に立たないかは、受信者側が判断することだ。しかし、発信者が「ウケ狙い」で書いた情報もネットの世界では、淘汰されていく。細~く、なが~く、普遍的な内容化していく記事をしたためたいと思うものだ。

橋下氏のように「ウケ狙い」の記事を、対立と分断を煽りながら、垂れ流していく記事に飛びつく人たちもいれば、そうでない人もいる。橋下氏はtwitterでは「つぶやき」を垂れ流すが、彼の系統だった思考を知る術はない。攻撃の矛先をクルクルと変え、注目を集める手法、何が目的かよく判らない、と思ってしまう。或いはそれが彼の目的なのかもしれないのだ。結局、格差社会の実現化であり、賭博的新自由主義社会化なのだ。タカ派的国家主義者社会を目指しているのだろう。統治システム云々という中身は、強権的な国家思想の実現だろう。

彼がフロー型のtwitterを駆使するのは当然の選択だった、と思う。ストック型のツールだったら、いかにも矛盾だらけの言論になっていく。

フローとストック

フロー型のメディア、twitter、Facebook、LINEなど。ストック型のメディア、ブログなどのWEBサイト。(ここでは「ホームページ」(HP)という意味判然としない言葉は避けたい。つまり、「ホームページ」とは、言葉を使う人によって意味が微妙に違っていることに気がついたからだ。)
WEBツールとしてのフローとストックという意味。

また、フローとストックは、記事としての意味もある。フロー型の記事とは、時間とともに流れてゆき、脈絡も論理も判然としないもの。ストック型の記事とは、時間的な差異も含まれるが、一定の主張や意見であるもの。と、いうふうに考えられないだろうか。もちろん、フロー型の記事を蓄積していけば、一定の主張や論理性は垣間見ることはできるだろう。しかし、受け手側のユーザーがそこまで意識的にやってくれるかどうかは、判らないし、誤解するかも判らない。橋下氏などは、誤解だ、勉強が足らんと悪し様に相手を攻撃する。新たなターゲットとして活用する。流石・・・<続く>


IT、WEB担当は、組織のどの部署に…

企業規模や時代によってネットなどの担当者がどの部門に所属するかは、さまざまなようです。総務、広告、そして、最近では、企業戦略部門が担当するということになるのでしょうか。

インハウスSEOの担当者はどの部署に所属するべきか? ~ admarketech.  というページがありました。ここでは「SEO」担当となっていますので、少し範囲が狭いのですが、十分参考になると思います。そこに紹介された画像には、次の5通りが紹介されています。

http://www.admarketech.com/2012/03/seo.html
http://www.admarketech.com/2012/03/seo.html

信頼されるWeb担当者の仕事術120421 では、「web担当者の所属部署」として「広報部/総務部、営業部/マーケティング部、経営企画部/新事業開発部、専門部署」と例示されています。日本共産党のなかではいかがでしょう。

http://www.slideshare.net/tzuyozhi/web120421
http://www.slideshare.net/tzuyozhi/web120421

これまであいまいになっていたICT部門やその担当者の組織内の位置づけを検討することで、より課題に適応できる体制・態勢を見つけることができるかもしれません。情報発信を議員任せにしていては、一方で限界もあるというものです。また、技術サイドに偏りすぎると、組織や運動の戦略と齟齬が生じる可能性が無いとも言えません。

参議院選挙でネットが大きなパワーを発揮するためにも、組織の中で明確に位置付けるのが大切ですね。全国のサイトを拝見すると、機関の位置づけにも差がありそうです。サポート集団があればな~と思ったりします。


#ネット選挙 ツールは、blog、youtube、twitterの順に注目されているようだ

株式会社サイバーエージェント 2013年4月15日 プレスリリースした “ネット選挙解禁を受け「Ameba政治家ブログ」を拡充 ~アンケートでは7割がネット選挙解禁で政治への関心・理解高まると回答~[←6/28:リンク切れになっていました]によると、ブログ、youtube、ツイッターの順に政党政治家の発信をキャッチするツールとして考えているという傾向があるようです。

質問は「Q. 政党や政治家の発信をどんなソーシャルメディアを通して見たいですか?※複数回答可」で、その回答は、下の画像(サイバーエージェントサイト掲載画像)の通りです。

Q. 政党や政治家の発信をどんなソーシャルメディアを通して見たいですか?※複数回答可
Q. 政党や政治家の発信をどんなソーシャルメディアを通して見たいですか?※複数回答可

あ~なるほど、と思いました。しっかり読んで、ビジュアルでも確かめて、SNSで周囲の状況も確認、というようなことでしょうか。

ブログは、ストック系のメディアで、検索に強いのが特徴です。有権者が、候補者、争点、地域など思いつくキーワードで検索したとき、ヒットするかどうか。ヒットした結果、読むに値する記事をアップしているかどうか、が問われている状況のようです。

ブログが力を発揮するには、何か月かの時間が必要です。新設blogで記事をUPしても、最初はなかなか検索にヒットしてくれません。記事数の増加、更新頻度の上昇、世間の関心と合致した記事、などなど道程は長そうです。付け焼刃、急ごしらえでは役に立たない、ということになりかねません。まして、「選挙対策」のためにつくったサイト、という状態であれば、有権者からどうみえるのでしょうか。

さて、日本共産党候補者の準備状況はどうでしょうか…。