現地の共産党の活動が目に見え誇らしい思いでした。

3・11鎮魂ツアーに「東日本復興支援応援団」として倉敷市から16人で行きました。根根浜地区の仮設住宅で集会場がなくて困っていたとき、いち早く共産党の人が「テントを立ててくれた」と現地の人が報告してくれました。
それを聞いて、現地の共産党の頑張りがつたわってきました。とても誇らしく思いました。

応援隊0号:この記事は、メッセージ投稿されたものです。


日本共産党横浜市議団、長野県飯田市で「ラウンドアバウト」視察

古谷やすひこの政治を変えるチカラ [日本共産党の横浜市会議員]を拝見したら、画期的!信号機のない交差点「ラウンドアバウト」を体験! ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その二 の記事が掲載されていました。

応援隊0号は、海外でちょっと体験したことがあります。「なじみがない」「簡素」の二つを感じました。今回の古谷議員のブログを拝見し、日本国内でこの実験が行われている情報をキャッチし視察対象にした、というスピード感に感心関心しました。そして、エネルギーを使わない、災害時にも機能する、という着眼点は確かにあると思いました。

一方、wikipediaには辛口の記事がありました。

  • wikipedia → ラウンドアバウト ” 長野県飯田市東和町交差点は、2013年2月5日より日本初の試みとして、従来設置されていた信号機を撤去したうえでラウンドアバウトとしての運用を開始した[36]。ただし、進入地点に「一時停止」を義務付け、本来のラウンドアバウトの利便性を損なう、変則的で誤った方法をとっている。 “

優先順位、安全性など、イロイロ検討の結果、合流車側が一旦停止、左回り(時計まわり)となったんでしょうね。成功するかどうか注目されます。

関連の情報を引き続きネット上にUPしていただけるとありがたいです。


共産党SNS交流会始まる

twitterの https://twitter.com/jcpouen を見ていましたら、SNS交流会のことがtweetされていました。

写真もUPされています。

共産党SNS交流会  2013年4月5日

 

[追記]20:02

twitterにログインしたあと、ハッシュタグ #共産党SNS であらすじがわかるかと…。

[追記]21:42

上の写真は、「しんぶん赤旗日曜版」のtwitterアカウント掲載のものです。

 


サイトとSNSの連携をはかる

ブログを含むいわゆるホームページ(以下HP)とtwitter、facebookなどSNSの連携をはかると、一挙両得のような効果が期待できます。

HP更新情報を、自動的にSNSに流し、SNSでそれを知った人が拡散、SNS経由でHPを閲覧、SNS、HPで双方向のやりとりが実現、などという流れを考えることができます。

その連携を実現する方法は4つくらいありそうです。

  1. HP(ブログを含む)に投稿したことを、手作業でSNSで発信する
  2. HP(ブログを含む)への投稿をRSSで取得し、それをSNSに通知するサービスを利用し、自動反映する
  3. HP(ブログを含む)に投稿したことを、HPに内製化されたスクリプトでSNS側に通知し、自動反映する
  4. 無料/有料ブログでは、アイコンクリックなどで比較的簡単に連携が実現できるので、それを利用する

いずれにしろ、HPに投稿すればその概要がSNSに自動反映されるというのは、便利で、使わない手は無い機能です。

ブログは使っているが、SNSへ自動連携していないという方は、まわりの信頼できる方にご相談なさってみてはいかがでしょう。例えるなら、これまでは、前向きのスピーカー(blog/HP)しかついていなかった宣伝車に、後ろ向きのスピーカー(SNS)も設置された。マイク(記事を書く)は今まで通りひとつで良い、というようなことを実現するというでしょうか。


twitter:ハッシュタグを使うとおもしろそうです #共産党応援隊

twitterを拝見していると、5W1Hの何かが落ちていって、@でやりとりする相手とだけわかっているかもというような、状態を目にすることがあります。あ~惜しいな~、と思うのです。

twitterがフロー系のメディアであるため、閲覧時に目の前に見えたものが情報、という感じですが、検索とかにはあまり強くありません。記事にハッシュタグ(#)を埋め込んであれば、ひょっとして、あとでその情報をtwitterから引っ張り出すことができるかもしれません。また、記事のなかで大切なことだけど、140文字という制約などにより、結果的に欠落している重要事項に焦点をあてるという意味でも役に立つかもしれません。例えば、候補者の名前とか、地名などのように…。

ハッシュタグを使うとtwitter検索の対象になります

ツイートをキーワードで分類するためにハッシュタグを利用する

ツイートの関連キーワードまたはフレーズ(スペースなし)の前にハッシュタグ記号#を使ってツイートを分類し、Twitter検索に表示されやすくします。
メッセージの中のハッシュタグが付いた言葉をクリックすると、そのキーワードで印付けされた他のツイートをすべて表示できます。
ハッシュタグは、ツイートの始め、途中、終わりのどこにでもに付けることができます。
ハッシュタグの付いた言葉で非常に人気のあるものは、トレンドに表示されます。 引用元記事

続きを読む twitter:ハッシュタグを使うとおもしろそうです #共産党応援隊


5日午後6時、共産党SNS活用全国交流会

3日付、「しんぶん赤旗」は、SNS活用全国交流会を5日に開催することを伝えています。質問をsns@jcp.or.jp で受け付けるとのことです。「SNS全国交流会の質問」と明記。

SNS活用全国交流会

5日午後6時から全国中継も

6中総で提起されていた「SNS活用全国交流会」を5日(金)午後6時から8時30分まで開催します。「ツイッターやフェイスブックなどインターネットのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や電子メールが、大きな力を発揮しています。SNSは、直接の面識がない相手でもインターネットを通じて、互いに知り合い、つながり合う手段として、国民のなかに大きく広がり、巨大な力を発揮しつつあります」(6中総決定から)この会議では、SNSで運動を広げている経験、最近足を踏み出した経験などを各地の代表が発言し、「党内通信」で全国に送信します。ぜひ視聴を広げ、SNSのもつ可能性を最大限活用する活動への挑戦を広げる機会としましょう。※視聴場所、視聴方法については、もよりの都道府県委員会、地区委員会にお問い合わせください。※SNS活用について質問を受け付けます。メール(sns@jcp.or.jp)またはファクス(03-5474-8359)でお寄せください(「SNS全国交流会の質問」と明記してください)。 :引用元:しんぶん赤旗2013年4月3日付


新聞のスキャンをきれいに仕上げるヒント

新聞をblogなどに転載紹介したいとき、紙印刷の現物だと、スキャンするかデジカメで撮影、ということになります。今回はスキャンするときの裏写りを少なくする方法をご紹介します。

まず、スキャン例を左右に並べた画像をご覧ください。クリックすると拡大します。赤線が区切り線で、左側が普通にスキャンしたとき、右側が一工夫したときの結果です。

スキャン画像

 

左側は鮮明であるものの、裏写りしているのがわかります。一方、右側は、鮮明さがやや欠けるものの、裏写りは少なそうです。右側をその後、画像修正し、閲覧に適したサイズにしたのが下の画像です。

修正後のファイル

いかがでしょうか。 続きを読む 新聞のスキャンをきれいに仕上げるヒント


日本共産党おもしろサルベージ(北海道)


日本共産党おもしろサルベージ(北海道)が発行されています。paper.liをつかったデジタル新聞で、「北海道の共産党の活動を紹介」しています。

paper.liをつかった日本共産党関連のデジタル新聞があります。

 


日本共産党ネット応援隊デジタル新聞、拡販中

http://paper.li/jcpouen/1364783011

日本共産党ネット応援隊デジタル新聞

 

 

創刊間もない弱小零細デジタル新聞です。日本共産党「しんぶん赤旗」のようにしっかり旗を掲げて頑張りたいと考えています。

ということで、拡販中です。購読通知、またはSNSへの共有をお願いできましたらありがたいです。よろしくおねがいします。

ご購読通知、またはSNSへ共有はこちらから~

 

 


「日本共産党ネット応援隊」デジタル新聞を創刊

「日本共産党ネット応援隊」デジタル新聞を本日創刊しました。どうぞ、ご愛読ください。

朝刊午前6時、夕刊午後6時がおよその発行時間です。ええ、最初から、朝夕刊セット販売です…って、無料ですけどね。発行時間は、「およそ」で、今後変更があるかもしれません。

日本共産党ネット応援隊 デジタル新聞

 

主に、twitterでピックアップした記事が表示されるのだろうと…思います。使い始めで良くわからないところも…。

いろいろな、デジタル政治新聞ができたら面白そうです。日本共産党◯◯後援会デジタル新聞などという具合に…。

続きを読む 「日本共産党ネット応援隊」デジタル新聞を創刊