ブラウザー GoogleChrome のカスタマイズ

GoogleChromeに拡張機能をインストールしてカスタマイズする。

各種の拡張機能については下記のサイトを参考に

Google Chrome 拡張機能 – k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/internet/googlechrome/index2.html

まず最初に

Create Link
ブログの記事を書く時、Webサイトへのリンクを記述したいがサイトのタイトルとURLを一度にコピーができないものかと思ったことがあり、探してみた。

例えば下記のように、サイトのタイトルとURLをコピーしたい。

タイトル:Create Link – k本的に無料ソフト・フリーソフト 改行
URL :http://www.gigafree.net/internet/googlechrome/createlink.html

ところが【CreateLink】のデフォルトは

タイトル URL

のように設定されている。

そこで、【CreateLink】のオプションを確認すると
create-link-001
下の画像のようになっている。(※すみません、これは書き換えた後の画像です)
create-link-002
【Plain text】のフォーマットが【%text% %url% 】となっている。
そこでフォーマットを書き換えて、【タイトル】と【url】の間に改行を入れる。

つまり、 【タイトル】+【改行】+【url】 に書きかえる。改行は【%newline%】なので、

フォーマットを
【%text%%newline%%url% 】 とする。

これで、
【タイトル】
【url】

のようにコピーされる。

もうひとつ、【HTML】だ。これもデフォルトでは

HTML 【<a href=”%url%”>%htmlEscapedText%</a>】
だ。

これも新しいタブで開くように設定したい。

【<a href=”%url%” target=”_brank”>%htmlEscapedText%</a>】

と書き換えることにする。

こうやって自分の使い易いように設定を変えることをカスタマイズという。
もちろんカスタマイズするためには、初期設定(デフォルト)を記録しておくことも必要だ。
カスタマイズに失敗した時、元に戻す必要があるから。

もちろん、こうした組み込み機能の場合は、一度削除して再インストールすれば良いのだが、
アプリケーションによってはアプリケーションそのものをアンインストール、再インストールしなければならない場合もある。

いや、もっと深くレジストリーも書き換える必要がある場合もある。 —これは経験則。。。(^_^;)

※過去に経験したことだが。
ある人がワープロソフトで【行間】や【文字間】の設定をいじっていた。止めとけばいいのに、何思わずこれを【初期設定にする】ボタンを押したのだ。

そして悲劇が起こった。フォントサイズを変更した時、ある一定のフォントサイズ以上にすると文字が重なってしまうのだ。

直して欲しいと相談された時、なぜそうなったのか理解できなかった。本人も判らないという。困った、困った。

結局、ワープロソフトの再インストールと相成った。
しかしこれもワープロソフトが別にインストールできたから良かったものの、メーカー製のパソコン(特に日本製)の場合、リカバリーディスクしかない場合、考えるとゾットする。それでもその人はパソコンにちょっと詳しいと言われているし、言っている。悪夢だぞう。