ネット選挙運動解禁、 何が変わった?

YOMIURI ONLINEが特集をしている。
ネット選挙運動解禁、 何が変わった?: 参院選 深読みテーマ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

朝日デジタルの記事は
朝日新聞デジタル:山本太郎陣営、緻密な戦略 ネットと経験力の両輪
そして特集記事、
朝日新聞デジタル:ネット選挙 – 選挙

参院選ツイッター分析-ビリオメディア:朝日新聞デジタル

かたや、共同通信の調査では、「ネットの影響限定的」との見解も。

有権者、政党、組織の構成員、三者三様の「ネット選挙」の活用があるだろうし、ネットの活用は今回の選挙からという契機としての見方もあるだろう。しかし、その巨大な可能性の扉は開かれたのだ。マスメディアが政権側に握られている以上、独自のメディアを確保する道は開かれたと考え、その可能性が今回の選挙で試行されつつあることを展望として見たい、と思う。

今後、中央も今回の教訓を各地域ごとに集約し、新たな地平への羅針盤を提示して欲しいと思う。また、ネットリテラシー、スキルのある人材を有効に活用する「ネット支部」でも構想して欲しいものだ。(追記:政策面では「カクサン部」に譲ります。)