ネット選挙:主戦場は、SNSよりホームページ…かな。いや、両方を連携し双方向性を実現する。

SNS全盛というか、関心がそちらに向きがちですが、有権者が情報源としてSNSよりホームページを重視しているという結果が、”選挙情報取得にネットは不可欠、ネット選挙に大きな期待第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」2/4ページ(2013/03/15 政治山)“に掲載されていました。

…(略)…「書き込みはあまりしないが、よく読む」という“情報源として利用している”との回答が一番多かったのが「ホームページ」。約1/3となる34.3%が回答した。これに「積極的な利用」を加えると40.1%となり、これはフェイスブックやツイッターなどの「積極的な利用」と「よく読む」、さらに「ときどき読む程度」の3つを合わせた数字と同程度となる(フェイスブック:41.9%、ツイッター:38.2%)。

…(略)…ツイッターは、年代が上がるにつれ減少していった。逆に、年代が上がるほど「積極的に利用」が多くなっていったのが、ホームページである。

…(略)…ネット選挙が解各年代で有効な情報ツールが違っている。どこの層に訴えかけたいかで、使う情報発信ツールを変えていく柔軟性と戦略が必要となってきそうだ。…(略)…

ブログやSNSの情報をどの程度、信用しているかをサービスごとに聞いた…(略)…

「内容によって判断している」と「書いた人(情報発信者)による」という、自身のフィルターによって情報を取捨選択しているとの回答が多かったのは、ホームページ(2つの回答の計77.8%)、メルマガ(同68.3%)、ブログ(同66.7%)だった。

各サービスで同じ傾向を見せたのは、サービスの種類にかかわらず無条件でその内容を信頼する人は少ないということを表していることが分かった。これを見ると、有権者は書き手や内容を吟味したうえで信頼を寄せ、“情報発信ツール”としての役割を期待していると言える。…(略)…引用元

有権者が、ネット上の情報を信頼できるかどうかふるいにかけていることがわかります。選挙になって急に信頼を寄せてもらう、というようなことは起こりにくいのでしょうね。ふだんから頼られたり親しみをもってもらう情報源になっていないと、思ったような効果をあげることはできないということになりそうです。

ストック系メディア(ブログ、ホームページ)の情報量と質が問われる。つまりコンテンツそのものが問われるということだというのが見えてきます。フロー系メディア(twitterなどSNS)がその手軽さ、早さゆえもてはやされる傾向にあるものの、ブログなどへの導線、情報拡散ツール、手軽な双方向性の実現、という範囲を超えて寄りかかると、これもどこかで齟齬を来しそうだと思えます。

ホームページやblogなどストック系に有権者の関心が集まりそうだ、というのはある意味当然と思います。時間経過とともに流れていくフロー系では検索に十分対応できません。有権者が自身でフィルタリングする道具は、検索エンジンでしょうね。印象、支持政党、政策、争点などがキーワードになると想像されます。Yahoo!、Googleなどの検索によって上位に表示されるのは、おもにストック系のメディアが検索の対象になる、ということの意味だと思います。候補者名であれば、facebook、twitterなどを開設していれば検索上位に表示される可能性も高く、利用価値は十分ありそうです。

本番前後には、立候補の顔触れとか、政党などをピックアップしたなんらかのサービスも登場するのではないかと想像します。それ以前に、姿・形がネット上に登場していることがスタートラインにたつ最低条件となりそうです。

SNSに走りすぎて、更新がとまっているblogやHPがないか、有権者の関心と齟齬を来してないか、要注意です。単に情報を発信したらOK、HPがあればとりあえずOK、ほったらかしだけど害悪は無い、と思っていたら、どうもいけないことになるのではないかと…。RSS機能を備えたサイトであってほしいとも願うのです。

SNSとblogなどを連携し、双方向性が実現できているか、その態勢を選挙中も担保できる状態になっているか、要チェックかと…。