前衛2013-07月号「インターネット活用」に関する記事について考えてみた04

前衛2013-07月号「インターネット活用」に関する記事について考えてみた。3態のアプローチ、と言うよりWEBをどう認識しているかによる3態だと考える。

5年前、前衛2008年8月号に『インターネットの巨大な可能性をどう活かすか』(田村一志氏)という論文があった。

今回は6中総、7中総の提起を受けての現状の取り組みが紹介された訳だが、ネット世界の認識、ネットやWEBのリテラシーやスキル、またパソコンや周辺機器に関するリテラシーやスキル、著作権やネット上のエチケット、その対応と対処、そしてセキュリティ問題、こうした問題に対する認識の段階が明らかになりつつある。そんな気がする。

[SNSの活用」というだけで、ネット世界の可能性と深い闇を感じることだろう。いや、・・・・かな。

セキュリティソフトを入れないで旧機種のノートパソコンを使っている人がいた。期限の切れたセキュリティソフトを使っている。パソコンがメモリー不足や、ストレージの容量不足で、リカバリーを繰り返しながら、使っているという。来年4月からWindowsXPのパソコンが使えなくなるから、買い替えなくては、と焦っている人がいる。あるいは、インターネットにパソコンを接続するとデータを抜かれたり、個人情報が漏れるから、ネットはやらないほうが良い、という。パソコンを修理に出したら、リカバリーされてデータや設定が全て消えてしまった。バックアップは取っていなかった。・・・・

今回のネット選挙解禁という事態を受けて、様々な実態が浮かび上がってくる。選挙の闘い方はもちろん、組織の現状分析や現状認識の問題、能力の限界。しかし、どう嘆いても『ここ』からしか始まらない。『ここ』が理解できるだろうか。